春風亭一之輔

  • 2013.03.12 Tuesday
  • 06:15
 

売れっ子春風亭一之輔さん

先日浅草をうろうろしていると
浅草演芸ホールにてちょうど彼の出番が始まるところでした
惹かれて中に入ると大入りで
キンキンに冷えたビール片手にお噺聞かせていただきました

お客様にも言われましたが
うちの店主は一之輔さんと結構 似ています

皮肉っぽい話し方がクセになる
センス溢れる噺家さんです

一之輔さんファンの方は是非店主に会いにおいでくださいませ


私 落語は勉強中ですが有名な噺をひとつ紹介させていただきます

少し長いですがお時間ありましたらどうぞ


【芝浜】

芝は金杉に住む魚屋の勝五郎。

腕はいいし人間も悪くないが、
大酒のみで怠け者。

金が入ると片っ端から質入してのんでしまい、
仕事もろくにしないから、
年中裏店住まいで店賃(たなちん)もずっと滞っているありさま。

今年も師走で、年越しも近いというのに、
勝公、相変わらず大酒を食らって寝ているばかり。

女房の方は
さすがにいても立ってもいられなくなり、
真夜中に亭主をたたき起こして、このままじゃ年も越せないから
魚河岸へ仕入れに行ってくれとせっつく。

亭主はぶつくさ言って嫌がるが、しぶしぶ天秤棒を担ぎ、
追い出されるように出かける。

外に出てみると、
まだ夜は明けていない。

カカアの奴、時間を間違えて早く起こしゃあがったらしい、
ええいめえましい
と、勝五郎はしかたなく、
芝の浜に出て時間をつぶすことにする。

海岸でぼんやりとたばこをふかし、
暗い沖合いを眺めているうち、
だんだん夜が明けてきた。

顔を洗おうと波打ち際に手を入れると、
何か触るものがある。

拾ってみるとボロボロの財布らしく、
指で中をさぐると確かに金。

二分金で四十二両。

さあ、こうなると、商売どころではない。

当分は遊んで暮らせると、
家にとって返し、
あっけにとられる女房の尻をたたいて、
酒を買ってこさせ、
そのまま酔いつぶれて寝てしまう。

不意に女房が起こすので目を覚ますと、
年を越せないから仕入れに行ってくれと言う。

金は四十二両もあるじゃねえかとしかると、
どこにそんな金がある、おまえさん夢でも見てたんだよ、
と、思いがけない言葉。

聞いてみるとずっと寝ていて、
昼ごろ突然起きだし、
友達を呼んでドンチャン騒ぎをした挙げ句、
また酔いつぶれて寝てしまったという。

金を拾ったのは夢、
大騒ぎは現実というから念がいっている。

今度はさすがに魚勝も自分が情けなくなり、
今日から酒はきっぱりやめて仕事に精を出す
と、女房に誓う。

それから三年。

すっかり改心して商売に励んだ勝五郎。

得意先もつき、金もたまって、
今は小さいながら店も構えている。

大晦日、片付けも全部済まして夫婦水入らずという時、
女房が見てもらいたいものがあると出したのは紛れもない、
あの時の四十二両。

実は亭主が寝た後
思い余って大家に相談に行くと、
拾った金など使えば後ろに手が回るから、
これは奉行所に届け、
夢だったの一点張りにしておけという忠告。

そうして隠し通してきたが、
落とし主不明でとうにお下がりになっていた。

おまえさんが好きな酒もやめて懸命に働くのを見るにつけ、
辛くて申し訳なくて、
陰で手を合わせていたと泣く女房。

「とんでもねえ。おめえが夢にしてくれなかったら、
今ごろ、おれの首はなかったかもしれねえ。
手を合わせるのはこっちの方だ」

女房が、
もうおまえさんも大丈夫だからのんどくれ
と、酒を出す。

勝、そっと口に運んで、
「よそう。……また夢になるといけねえ」





selected entries

categories

profile

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM