Jose Antonio Mendez / Escribe Solo Para Enamorados(邦題:フィーリンの真実)

  • 2014.08.21 Thursday
  • 00:45
 

フィーリンという音楽

50年代に流行したキューバのモダンな歌謡音楽
特に決まったリズムや形式があるわけではなく
伝統音楽であるボレロやトローバから派生したクールで洒脱な音楽

ブラジルで言えばボサノヴァのような音楽。
北米の新しいジャズの流れ(joseはナット・キング・コールに心酔していた)を
キューバのバラード系音楽ボレロに取り入れ、フィーリンは生まれる

フィーリンという呼び名は、北米の黒人歌手マキシン・サリヴァンの歌う歌詞
“I GOT A FEELING・・・”から名づけられたいう話もある


Jose Antonio Mendez  ホセ・アントニオ・メンデス
フィーリンの創始者と呼ばれています

甘くてスモーキーな声で、男の純情をひたすらロマンティックに歌い上げる
陽気なばかりがキューバじゃないんだなあ



アルバムのタイトル『Escribe Solo Para Enamorados』
恋人たちの為だけに書く という訳です

1曲目の「Si me Comprendieras」(あなたがわたしをわかってくれるなら)

意訳を掲載致します


  もし あなたがわたしをわかってくれるなら
  もし あたながわたしを知っていてくれるなら
  わたしは なんて幸せなんだろう
  
  もし あなたがわたしをわかってくれるなら
  もし あたながわたしを知っていてくれるなら
  わたしは もう一生泣かないだろう


シンプルで真っ直ぐ 熱いラティーナの想いに口の端が上がります












スポンサーサイト

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 00:45
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    categories

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM