ネクター社 ロイヤルロッホナガー21年

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 21:09

こんばんは。

NULEの佐藤です。

紅葉が見ごろな季節になりまして、行楽地がより賑わってきました。

温泉などで疲れを癒すのに良い季節です。如何お過ごしでしょうか。

今回はシングルモルトウィスキーを紹介させて頂きます。

ザ・プリンス オブ ザ ハイランズ 1996 21年

今や、世界最大のウィスキー博覧会でもあるドイツのリンブルグウィスキーフェアー2018年記念ボトルです。

蒸留所名は非公開ですが、ボトルのネーミングから想像できるのがロイヤルロッホナガーで間違いないでしょう。

ミドルエイジのロイヤルロッホナガー、シェリーホグスヘッドで熟成。

濃いめの味が好みの方には最良ですが、余韻の部分でタンニン系の濁りが気になりました。これがなければ完璧に近かったのですが、残念です。

しかし、開栓から2週間程度で濁りが消え、嫌な部分が無くなりました!非常に濃厚なシェリー樽のニュアンスを楽しめるようになったのは嬉しい限りです。ダークチョコレートや凝縮感のあるドライフルーツ系の強い味わいはお見事。実にうまいです。

是非、お召し上がりください。

スポンサーサイト

  • 2018.12.19 Wednesday
  • 21:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    categories

    profile

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM